ブログ

月別アーカイブ: 2021年12月

2021年 仕事納め

2021年

今日を持って仕事納めです。

1年間 ありがとうございました。

今年はブログの更新があまりできませんでしたが…

2022年はブログにも力を入れていきたいと思います。

あなたの健康の道しるべ

くわはら鍼灸院

鍼灸治療とナカメ式足指バンド②

前回の続きです。

検査法はいたって簡単

先ずは軽く足を開いて
前屈 後屈
左右に側屈
左右に回旋

次に肩幅より大きく足を開いて
左右に側屈
左右に回旋

これだけです。

どの動きの時に1番、痛みや違和感が出るのかをチェックして、そこに対応する指に特製シリコンゴムを装着して、動きを確認していきます。

改善がみられたら

数日間、装着してもらうと症状がさらに軽くなります。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療とナカメ式足指バンド①

鍼灸治療の補助的なものとして
ナカメ式足指バンドを活用しています。

ナカメ式足指バンドとは
足の指に特殊なシリコンのゴムをはめて身体のバランスを整える方法です。

手足には左右6本ずつ、計24本の経絡(けいらく)が通っています。

どの経絡が1番バランスを崩しているのかを簡単な検査でみつけだして装着するだけです。

たったこれだけのことですが、
面白いように効果がでる患者さんがいます。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 湿布薬よりカイロ②

前回は湿布は身体を冷やすからカイロを勧めましたが、

必ず質問があるのは

『では温湿布ならいいですか?』

答えは ❌

温湿布は一見、身体を温める感じがしますが、使った事がある人はわかると思いますが、温まるのは皮膚表面だけで、消炎鎮痛剤の作用で身体の深部は冷やされます。

トータルでみた時に温湿布も身体を冷やす方向に向かわます。

また皮膚の弱い人は冷湿布以上に刺激が強いので注意が必要です。

お風呂に入るときは特に注意したほうがいいです。

今はカイロもお手頃価格になりましたので、この冬や、冷房が効きすぎる夏なども活用されると身体が喜びます。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 湿布薬よりカイロ①

先日の記事の続きです。

慢性の痛みに何年も湿布を貼られている人がいます。

捻挫や打撲などの急性の痛みには冷湿布もいいですが、

慢性の痛みには湿布はお勧めしません。

むしろ、やめてもらう方向でアドバイスさせてもらってます。

湿布は身体を冷やしますから、血液循環が悪くなります。

この季節はただでさえ寒いのに湿布を貼ったら寒さ倍増です。

お風呂に入って温まったら、痛みが軽くり身体が軽くなりますよね。

痛みがある時は湿布よりカイロです。

痛みがある箇所に何枚でも貼っていいです。

ただし、低温やけどには注意しましょう。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア

鍼灸院には

脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアと診断された人で手術は嫌だから、なんとか鍼灸治療で改善しないだろうかと来院される人と…

すでに手術をしたが、その時は良かったけど、また元に戻って調子が良くない人が来院されます。

個人的には手術が必要な人は10人の内に2人ぐらいで、あとの8人はむしろ手術はしないほうが身体にダメージはなく長い目でみたら経過は良くなるように思います。

手術は最後の手段で、まずは鍼灸治療をお勧めしたいです。

そして、今の季節は寒いので、湿布よりもカイロを強く勧めます。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 不眠症 自律神経

現代人は不眠を訴える人が多いです。

以前と比べると肉体労働が減った事や、ストレス社会と言われるように
自律神経のバランスを崩している人が多いように思います。

病院にいけば、不眠症には睡眠薬や精神安定剤の薬がだされますが、どうしても眠れない時は薬の助けを借りるのは良いと思いますが…

根本的に改善させたい、出来るだけ薬の量を減らしてたいと思われている方に鍼灸治療はお勧めです。

鍼灸治療をした夜は、ぐっすり眠れると言う声は非常に多いです。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 生活習慣病

生活習慣病

糖尿病
脂質異常症
高血圧
癌(大腸癌、肺癌などが代表)
脳卒中
心臓病

などなどがありますよ❗️

読んで字のごとく、生活の習慣からくる病気ですから、

生活の習慣を変えない限りはなかなか改善しない病気でもありますね。

当院では、鍼灸治療にプラスして生活習慣のアドバイスも行っています。

生活習慣病は鍼灸治療だけしていても、改善は難しいです。

患者の協力が絶対に必要です。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 膝痛

60代 女性

左膝痛

膝の痛みはあるが、日常生活や軽い畑仕事などはできるが正座はできない。

整形で定期的に水を抜いてもらっているが、なかなか改善しないと言うことで来院される

鍼治療をした直ぐは痛みも治るが、また一週間もすると痛みがぶり返してしまう。

生活指導も行いならが、
最初の1ヶ月は週1回の治療
次の1ヶ月は10日に1回の治療
次の1ヶ月は2週間に1回の治療

3ヶ月で、正座もできるようになり、
今は歩いても、殆ど痛みはないとのことです。

膝痛も含めて身体のメンテナンスの為に月に1回のペースで今も治療を継続されています。

くわはら鍼灸院

鍼灸治療 透析患者

78歳 女性

週3回の透析をされている
主訴は、右肩痛と両足の痛みと怠さ

初診時は高齢でもあり、週3回の透析をされているので、みるからに虚弱な感じを受けました。

1回目の治療後から明らかに目が開き顔色が良くなりました。

一週間おきに計4回

顔色もさらによくなり、

『透析してからも疲れなくなった』

『看護師さんから、元気になったね❗️と言われた』

嬉しそうに話してくださいました。

一緒に治療している旦那さんからみても、元気になっている奥さんの姿を感じてもらっています。

回復される姿をみるのが、1番の褒美です。

免疫力、自然治癒力に働きかける鍼灸治療は身体に優しい治療です。

くわはら鍼灸院