ブログ

鍼灸治療 舌診 新型コロナ

IMG_1172.jpg

中医学、東洋医学には舌診というものがあります。

今のようにレントゲンやCT、血液検査などがなかった時代に身体の至るところから情報を読み取ろうしました。

その中に舌診もあります。

中国では新型コロナウィルスの治療に大いに舌診が活用されたと報告されています。

今はスマホ時代で簡単に写真が撮れるので、治療前と治療後に舌の写真を撮らせてもらって、説明につかってます。

西洋医学では、日進月歩で治療法を変わってきますが…

東洋医学は基本的に治療法や診断法が変わりません。

それが何千年と受け継がれてきました。まさに伝統医学でもあります。

人間の身体の作りが変わらない限り、
色あせない治療法だと思います。

コロナ騒動のなかでも季節は巡るように鍼灸とは普遍的なものかもしれません。

くわはら鍼灸院